チーム沖縄の紹介

  • HOME
  • チーム沖縄の紹介
チーム沖縄の紹介

TEAM OKINAWAの活動

一般社団法人沖縄モータースポーツこども支援協会ハンドルのレーシングカート部門でTEAM OKINAWAとして活動しております。レーシングカートを通じて子ども達の育成に注力し、プロレーシングドライバーへの支援活動を行っております。

ドライバー紹介

ドライバー紹介

平良 響

小学校1年生からカートをはじめ、F1ドライバーを目指す16歳の高校生。
2015年、2016年と2年連続日本代表として世界大会に出場。2016年イタリア大会では予選1位だったが、決勝はトラブルで11位と世界に実力を見せつけた。現在、鈴鹿サーキットのスクールでフォーミュラマシンの練習をしながら来季F4デビューを目指す。常に目標設定を明確にし、クリアしていくことに努力を惜しまない姿勢は、つい応援したくなる努力家。普段は明るく元気で礼儀正しい好青年だが、レースとなると闘う男の顔になり集中力の高さがこれまでのレースでの好成績につながっている。

ドライバー紹介

翁長 実希

沖縄県内の大学に通う19歳の女性ドライバー。
サーキット運営を営む両親の影響からサーキットにいるのが当たり前の生活となり、自然とレーシングカートの世界に引き込まれる。サーキットのスクールに来た響と出会い、よきライバル関係。沖縄シリーズ戦では常に優勝争いをして年間タイトル2位と大活躍している。今季全日本選手権へ参戦し、今後続いてくる子どもへの目標となっていく存在。底抜けに明るい性格で好きな食べ物は『もずく』。いつも笑顔で朗らかな雰囲気からは想像できない男顔負けの走りで圧倒する。全国大会でも活躍が期待。

琉球新報社のクラウドファンディング

TEAM OKINAWAのレース活動費用を捻出するためにクラウドファンディングに参加しております。

沖縄のモータースポーツを盛り上げ、沖縄から初のF1レーサーを!

琉球新報社のクラウドファンディング
琉球新報社のクラウドファンディング

TEAM OKINAWA 代表責任者

翁長 達也 Onaga Tatsuya
20歳でレーシングカートに出会い、関東でのレース活動を通じ取得した技術を基に、1996年日本自動車連盟加盟カートクラブ『スクーデリア沖縄』を設立。地元沖縄で競技運営を開始。
2002年に『沖縄から世界に羽ばたく若者を導く!』を目的に、ククル読谷サーキットを開業し、レーシングスクールを開校。向上心豊かな若者が現在も巣立っている。